エラボトックスで小顔治療

 

「エラが張っているのを細くしたい」

 

もしもエラが張っている原因が咬筋と呼ばれる筋肉の場合、エラボトックスがおススメです。

 

他の整形手術に比べると、施術時間やダウンタイムが短くて済みます。

 

セルフチェックの方法
まず、歯を食いしばるように強く噛んで口を横に広げます。いわゆる「いー」の口ですね。このとき、エラがぼこっと膨らめば筋肉、何も変わらなければ骨です。

引用:聖心美容クリニック

 

この記事では

  1. エラボトックスができる神戸の美容外科クリニックの情報
  2. エラボトックスのメリットとデメリット
  3. エラボトックスを受ける時の注意

についてまとめました。
クリニックを選ぶ時の参考にしてください。

 

エラボトックができる神戸の美容外科クリニック5院

湘南美容クリニック

 

  • 安心の保証制度がある。
  • 女性医師も在籍。
  • 低価格で最新の治療が受けられる。

 

エラボトックスの料金(税込)
ボトックス
(アラガン)
20,000円

※1年間の保証制度あり

ボツリヌストキシン
(REGENOX)
9,720円

 

湘南美容クリニック 神戸院の情報

【住所】神戸市中央区御幸通6-1-10
オリックス神戸三宮ビル5F
【電話番号】0120-832-900
【アクセス】JR三ノ宮駅 徒歩5分
【診療時間】10〜19時

 

 

 

 

 

 

品川スキンクリニック

  • 施術費用にアフターケアの料金も含まれている。
  • 指定の駐車場利用なら最大2時間無料。
  • BMC会員になると割引価格で施術が受けられる。

 

ボトックスビスタの料金(税別)
エラ片側 9,200円
エラ両側 18,300円
エラ両側(2倍量) 36,600円

 

品川スキンクリニック 神戸院の情報

【住所】神戸市中央区三宮町1-2-1
三神ビル5F
【電話番号】0120-704-900
【アクセス】三宮駅 徒歩4分
【診療時間】10〜19時

 

 

 

 

 

 

神戸中央クリニック

  • 待合室が個室になっているのでプライバシーが守られていて安心。
  • カウンセリング料は無料。
  • 再診料や薬代が施術代に含まれているので、追加料金の心配がない。

 

エラボトックスの料金(税別)
ボトックス VISTA 38,000円
NEURONOX 22,000円

 

神戸中央クリニックの情報

【住所】神戸市中央区三宮町1-3-15
京町筋安田ビル6F
【電話番号】0120-884-790
【アクセス】JR三ノ宮駅 徒歩3分
【診療時間】10〜18時

 

 

 

 

 

 

神成美容外科

  • カウンセリング料や診察料、麻酔代が施術料金に含まれている。
  • 駅直結のビルで通院に便利。

 

ボトックスビスタの料金(税別)
エラ(小顔)ボトックス 通常価格

50,000円
会員価格
39,000円

 

神成美容外科の情報

【住所】神戸市中央区雲井通7丁目1-1
ミント神戸 13階
【電話番号】078-242-4380
【アクセス】JR三ノ宮駅から直結
【診療時間】10〜19時

 

 

 

 

 

 

共立美容外科

  • 駅から地下街でつながっているので、通院に便利。
  • 電話やメールでの相談も受け付けている。
  • カウンセリングは無料。

 

エラボトックスビスタの料金(税込)
エラボトックス 54,000円

 

共立美容外科 神戸三宮院の情報

【住所】神戸市中央区三宮町1-7-5
スタイルプラザ7F
【電話番号】0120-332-340
【アクセス】JR三ノ宮駅 徒歩3分 
【診療時間】10〜19時

 

エラボトックのメリットとデメリット

エラボトックスは、ボツリヌス菌が持つ神経を麻痺させる成分を抽出したものを注射する施術です。

 

 

この注射で、エラの原因である「咬筋」という筋肉を動かないようにします。

 

動かせなくなった筋肉は徐々に細くなっていき、エラが目立たなくなるわけです。

 

ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、感染する心配はありません。

 

エラボトックスのメリット

施術時間が短い

注射を打つだけなので5〜15分くらいで終了します。

 

ダウンタイムが短い

施術当日でもメイクやシャワーがOKで、いつも通り過ごせます。

 

身体への負担が少ない

施術時の痛みが少なく、傷跡も残りません。

 

痛いのがどうしてもダメな人は、麻酔を使用しているクリニックを選ぶといいでしょう。

 

エラボトックスのデメリット

物を噛みづらくなる

咬筋が動かせなくなるので、慣れるまでは食事がしづらくなります。

 

しかし、物を噛む時に使う筋肉は他にもあるので、食事ができなくなる心配はありません。

 

打ち続けていると効果がなくなってくる

エラボトックスの薬剤はは元々が菌なので、継続使用すると抗体ができて効果が薄くなります。

 

効果が薄くなったと感じた時は

  • いつも使っているモノとは違う薬剤を使う
  • 抗体ができにくい薬剤を使う

といった方法で解決することができます。

 

仕上がりが医師の腕前に左右される
  • 頬がこけたようになる
  • 表情が不自然・無表情になる
  • 効果がない

どの部分にどれだけの量を打つ必要があるかを医師が理解していないと、このような失敗が起こります。

 

注射を打つだけとはいえ、医師選びは慎重にしてください。

 

皮膚がたるむ・老けて見える

筋肉が細くなった分、皮膚が余るので、人によってはたるみができてしまいます。

特に高齢の人はたるみやすいので、エラボトックスと同時にたるみを解消する必要があります。

エラボトックスを受ける時の注意点

安全性の高いエラボトックスを選ぶ

エラボトックスに使用される薬はいくつかあります。

 

厚生労働省やアメリカのの厚生労働省にあたる機関が認可しているものは安全性・効果の高いものです。

 

厚生労働省・FDA認可
ボトックスビスタ

臨床データが多く、安全性や効果が高いものです。

 

FDA認可
ディスポート

薬剤が広がりやすいので、広範囲に効果を出したい時に有効です。

 

ゼオミン

菌の抗体ができにくいので、継続使用しても効果が変わりません。

 

価格の安いエラボトックスは安全性に欠けたり、効果が弱いなど問題が懸念されています。

 

施術当日は血行を良くすることは避ける

これらの行動を避けることは、ダウンタイムを短くする上で大切です。

 

腫れや内出血を最小限に抑えることもできます。

 

  • 激しい運動
  • 長風呂・熱いお湯につかる
  • マッサージ
  • 飲酒

特にマッサージは、ボトックスの薬剤が施術部分以外の筋肉にまで影響を及ぼす可能性があります。

 

 

時間が経つと効果は消える

エラボトックスの効果はだいたい3ヵ月から半年くらいです。
効果がなくなってきたと感じたらまた注射を受ける必要があります。

 

しかし、一度弱くなった筋肉が急激に戻るわけではありません。

 

咬筋を鍛えないようにすることで元に戻り難くもなります。

 

咬筋を鍛える行動
  • 固いものをたくさん食べる
  • 歯を食いしばる
  • 歯ぎしり